社員研修でビジネススキルのアップを目指す!

企業のスキルアップ研修には基礎教養が必要です

企業における教育には3つの種類があります。 一つは、現在企業にとって必要な知識と技術教育です。例えば、商品知識や計数知識、パソコン操作などがこれにあたります。 二つ目には、将来必要になると考えられる知識と技術です。環境の変化に備えて、先手を打ち続けなければならないからです。従って、そのための知識を更新し、また重点を変え、新しい技術を蓄積しておかなければなりません。ドラッガー研究やハーバード流研修がこれにあたります。 しかし、これらの知識や技術を受け入れるためには三つ目の基礎教養が必要になります。 企業は1と2で様々なスキルアップを目指すための教育を行ってくれますが、三つ目については、むしろ自分が自己を教育すること、つまり自己育成をしなければなりません。これらは、企業は本人がもっていることを前提としているからです。 このことに気が付いた人は、社外で行われている研修を自ら受けているのです。英会話研修などがこれに当たります。

スキルアップ研修は現場教育が段階的に用意されています

社員教育のスキルアップ研修は、現場の実務が段階的に用意されております。 企業の教育体系は、知識と経験の組み合わせで効果的に仕組まれています。教育は何も知識の座学だけでなく、現場のojt教育も同時に進行しています。知識教育は時間に関係なく、どんどん進めることが出来ますが、経験や体験はそうはいきません。人は経験を積んだ上で知識を学ぶと、より吸収されて伸びていくものです。頭だけで知ていても実際にできなければ、知らないと同じことなのです。 そのために、人事異動などで配属先を変えて現場経験をさせ、スキルアップのための教育を織り込んでいるのです。 配転が進む人は座学の教育も進み、昇給や昇格が早くなっていくのです。