最適な社員研修のコースの選び方

研修をお願いする会社を選びましょう

一口に社員研修と言っても、社会人になりたての新入社員のために行うのか、中堅社員や幹部社員のために行うのか、それによって研修内容は全く違ってきます。 社員研修を行っているのは人材教育専門の会社やコンサルティング系、大企業から中小企業と幅広く、料金もまちまちです。 大手だから、料金が高いから良さそうという視点で選ぶのではなく、その会社はどんな分野に強く具体的にどんな研修を行っているのかを調べる必要があります。ホームページやパンフレットには研修内容や費用について掲載されています。研修会社の営業担当者と話せる機会があれば直接顔を合わせて質問してみるのも良いでしょう。研修会社によってはその会社にふさわしいカリキュラムのカスタマイズをしてくれる場合もあります。

研修を行う目的が達成されるか

過去に研修を受けてみてとても良かったのでまたお願いした、信用できる会社だから、自社の希望や要望通りの研修をしてくれたから、受講者の評判が良かったから、という過去の声に耳を傾けたり、取引先が使っていた研修会社の話を聞くのも参考になります。 研修後に「受けて良かった」「これからの仕事に役立ちそうだ」となれば選んだ会社は成功だったと言えます。 逆に「お金と時間の無駄だった」では外部にお願いしてまで行う意味がありません。学んだものを即業務に活かせてそれが会社の業績アップにつながるのが理想の研修と言えるでしょう。あらかじめ、社員にどんな研修が受けたいかをあらかじめ調べてからカリキュラムの方向を決めれば必要かつ受けたい研修を受ける機会を与えられるかも知れません。